『明るく優しい仏の子、強くて素直な仏の子』

『心も体も素直にぐんぐん』
教育及び保育の目標
光輪保育園では、子ども一人一人の個性を大切に、心身ともに健康な子どもを育てることを目標とし、豊かな人格形成に必要な『3つの成長』を基本とした保育を行います。

1.こころの成長
  宗教的情操を培い、思いやりのある優しい素直な心を育てます。

2.あたまの成長
  子どもたちが興味をもつ事柄を教材にし、楽しみながら身につく教育を行います。

3.からだの成長
  すこやかな体力づくりに力を入れています。
教育及び保育の概要
1.基本的な生活習慣を身につけ、心身の健康の基礎を培います。

2.集団生活を通して人とのかかわりを深め、人間的な感情(思いやり、優しさ、助け合い、信頼等)を育て、自立および協調の態度を養い、道徳性の芽生えを培います。

3.自然の移り変わりや身辺の事象についての興味や関心を育て、自発的にかかわってゆける力を育てます。

4.人の話を聞いたり、自分の経験や感じたことを話したりする中で、言葉に対する興味や関心を育て、思考力、コミュニケーション能力を養います。

5.生活の中での様々な体験を通して、豊かな感性を育て、表現力、創造性を豊かにします。